Bluesやねん!

 
 

久しぶりに Ukulele 弾いたがな。

  1. 23:51:40
それにしても Ukulele 弾いてへんなぁ。 Guitar は練習するんやけど。
そもそも洒落で初めたってのもあるし、Blues やり出したら低音の無い
Ukulele じゃねぇ・・・。



忘れてますわ、曲。 指盤狭っ! 
最近 Open で Slide ばっか弾いてるし余計そう感じるんやろね。

Soprano Ukulele の音は Ukulele らしくて良いですわ。
コロコロした音は弾いてて気持ちが良いです。

Ukulele Live に向けて少し練習しようかねぇ〜。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Robet Pete Williams

  1. 23:12:39
(1966) 題名不明

60年代、アメリカで最も評価されたフォーク・ブルースの才人。



1914年ルイジアナ州ザチャリー生まれ。

50年代中頃に酒場でのケンカに巻き込まれて、襲いかかってきた男を殺してしまう。
終身刑を受けてルイジアナ州のアンゴラ刑務所に入獄。

ルイジアナ大学の民族学者ハリー・オスカーに発見される。
オスター博士の尽力により減刑されて仮出獄。

59年から61年録音ので、芯のある力強い歌を聞ける。
60年代は各地のフェスティヴァルに参加。

80年ルイジアナ州ローズデイルで死去。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Sleepy John Estes

  1. 21:41:50
「Sleepy John Estes, John Henry Barbee & Hammie Nixon」



Sleepy John Estes

1904年1月25日 Ripley, Tennessee 生まれ

Tennessee州Ripley郊外の分益小作農家の16人兄弟の7人目として生まれた。
幼い時に友人の投げたものが当たって右眼を失明。
11歳の時、一家はBrownsville近郊に移転。

Estesは、ギターの弾き方を学び、パーティーや行楽で演奏した。
そういった演奏は、しばしば、マンドリン奏者のYank Rachellと共に行なわれた。

1920年代、Estes、Rachell、それに、ハーモニカとジャグ・プレイヤーの
Hammie NixonはMemphisに移動し、道角や公園のジャグ・バンドとして演奏をした。

1929年、Victorと契約し、レコーディング・キャリアを開始した。
2年後、彼とNixonは、Chicagoに移住し、1930年代の間Deccaと契約して
レコーディングを行なった。

1940年から41年の間、Bluebirdでもレコーディングをした。
"Someday, Baby" ("Worried Life Blues"の名でも知られる)は、Bluebirdから
リリースされた彼の最も有名な曲。
最終的にEstesのトレードマークとも言えるナンバーであり、ブルースの
スタンダード・ナンバーになった。

Estesのあだ名は、彼の居眠りをする癖から来ている。
彼は、Tennesseeに戻り、レコーディング・キャリアの第一期を終えた。
Brownsville郊外に住み、働き、たまに、演奏するためにMemphisに旅した。

1950年代初頭、EstesとNixonは、MemphisのSun StudioでSam Phillips
と共にレコーディングをした。
しかし、この時点で、彼はすでに左眼の視力も失っており、
完全に盲目になってしまっていた。

1950年代には、ブルース・シーンから消え、多くのブルース・ファンは、
彼が人知れず亡くなっているものとばかり思っていた。

1962年にEstesは、Brownsvilleで貧乏暮らしをしているのを再発見された。
フォーク・ブルースのファン達による彼のキャリアの再評価が高まったため、
Estesは、2本のドキュメンタリーに出演した。
1962年の"Citizen South, Citizen North"と1963年の"The Blues"である。

彼は、Delmark Recordsともレコーディング契約を結び、1960年代にアルバム
"The Legend of Sleepy John Estes"他を録音した。

定期的にツアーと演奏を行い、コンサートやクラブ、フォークやブルースの
フェスティバルに出演した。

1964年、彼は、Newport Folk Festivalに出演し、その後、American Folk Blues
Festivalと同じ顔ぶれでEuropeに行った。

1969年のNewport Folk Festivalにも出演。
同年、Ann Arbor Blues Festivalでも演奏した。

1970年と73年のSmithsonianのFestival of American Folklifeにも呼ばれ、
その後、ヨーロッパと日本にもツアーをした。

1977年6月5日 没


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved