Bluesやねん!

 
 

怪しいLive の報告

  1. 00:20:56
「怪しい Bluesman Live」 2011年2月25日(金) HIDEAWAYにて

どうも演ってる音楽ってのがマニアック過ぎるのか、それとも演ってる
奴らが怪しいのかわからへんけど集客は出来ないのでございます。

Deep Blues を好きになった時点から覚悟はしておりまして、棘の道を
進んでおります。

何が Deep か?なんて事はさっぱりわかりませんが〜。


って事で、ohashi から演らせて頂きました。
先週に続き声の調子が悪く気持ち良く唄えなかったのが残念でござい
ます。 今回ロバート・ジョンソンの曲を多数入れましたが、まだまだ修
業が足りませんでした。 (反省)


急きょ参加の 「友滝HIKO」 さんでございます。
いつも怪しい御方でありますな。(笑) オリジナルは独特の世界観があ
りますが話をしてると、どうも同じ匂いを感じたりします。これまで何度か
御一緒させて頂きましたが次回も楽しみです。


Tany さんです。
暫くお会いしてませんでしたが、レベル・アップしてましたねぇ。 今回ジ
ミー・リードの曲を本気で練習したそうで、ギターとハープが見事でした。
感服致しました。


ってな事で不定期開催の 「怪しいBluesman Live」 であります。
各自の世界を探求してるようなライブなのかもしれません。
お客さん居る居ないは気にしないし・・・。 (TOKUさんごめんね〜)

ライブ終了してからが楽しかったりもしまして、朝の4時まで続くのでご
ざいました。 おまけでTOKUさんのショットを一枚。


ハープと歌とギターと絶妙過ぎます〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Belton Sutherland

  1. 00:04:56
検索しても情報がありません〜。 誰か教えて下さいませ。

音源や動画を記録する事が出来たブルースマンは本当に運が良かったとしか
言いようが無いのであろうか。 

残されたものでしか知る由もないのであるが凄い奴が沢山居たんやろうなぁ。



Belton Sutherland (vocal and guitar) performs an improvised blues on Clyde Maxwell's porch. Shot by Alan Lomax, John Bishop, and Worth Long at Maxwell's farm near Canton, Mississippi, September 3, 1978. For more videos from the American Patchwork fieldwork and information about Alan Lomax and his collections, visit:


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Live報告 by CRY IN THE NIGHT

  1. 00:05:06
序章

過去2回の 「CRY IN THE NIGHT」 で主催者 Pochi 氏が使用した
怪しい鉄線ギターは彼の左腕の筋を破壊し、俗に言う腱鞘炎を惹き
起こした。

普段はエレキギターを使用しテンション・コードや不可解なコードを
操る Pochi 氏であるが、エレキギターの倍はあろうかと思われる幅
の広い指板に対してはあまりにも無理がある指使いであったと推測
される。

ギターを弾く事もままならないどころか仕事にも支障をきたす程のダ
メージを受け、苦悩の日々を過ごし月日は流れた・・・。

そして今日、左腕の完治と共にドラマーを携え 「mini Pochi」 として
第3回クライン・ザ・ナイトで完全復活を遂げる!

ってな感じで、何のこっちゃ分かりませんが第3回開催致しました。

今回メンバーに入っていた 「せいくん」 が仕事の都合で出演でき
なくなり3組のライブとなりました。 自分達が楽しめればOKという
身内のライブなので出演者が多い程盛り上がります。

もちろんお客さんも多いに越した事はありませんが・・。


やはり最初はビギナーohashiであります。
花粉症ではないのですが1週間くらい鼻が詰まった感じで、風邪の
症状のようなもしかしたらインフルかも知れんと思いながらも唄った
のでございます。当然出来は良くありません・・・。


向井さんです。ん〜何時見ても怪しいオヤジであります。
お互いの曲でハープを吹き合う(練習)という変な事してます。
曲がかぶる事があり申し訳ないのですが、ohashiの出番が先な
ので仕方が無いのでありますぅ。


mini Pochi です。 鉄線ギターを封印してエレキギターです。
ドラムのシーチキンさんとの組み合わせでどうなるのかと思い
きや流石です。出来る方が演ればバランスも良く素晴らしい演
奏を聴かせてくれるんやねぇ。
そしてPochiさんは毎回曲を作ってくる凄い方でございます。

という事で、次回は5月頃予定だそうです。出演希望者が多数
おられますのでたのしみですね〜。


さてさて、今週末2月25日(金)は HIDEAWAY にて 「怪しいBluesman Live」 
でございます。 Tany ・ ohashi 2名の予定でしたが怪しさが数段上の”友滝ヒ
コ”氏が急きょ参戦されるとの事でますます怪しいライブになりそうですわ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved