Bluesやねん!

 
 

やはりこの本は面白い

  1. 00:18:41
久しぶりに手元に帰って来たのでパラパラと読んで見るがやはりブルースは面白い。
「ブルースの詩」 サミュエル・B・チャーターズ 著 でございます。



「Blues」 ってものは一体何? という疑問は、遠く離れた島国の日本人が理解するには難しいものがありますなぁ。言葉の意味が分かってもそれが本当にその意味なのかってのが分からないのであります。

訳す方によって意味合いも変わるので、その訳が本当かどうかも分からない訳です。しかし、英語が堪能じゃないのでブルースの歌詞というものがどの様なものかを解説してくれる本はやはり貴重や思います。



これが全てじゃありませんが色々な要素を理解しておかないと奥まで探る事も出来ないし、「Blues」 という音楽を演るからブルース演ってると思ってる方も、一度は読んで欲しいと思うのであります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Live 報告 『Acoustic Blues Night !』

  1. 00:43:53
小雨の中 HIDEAWAY に行くと ”Betty Note” のお二人が練習してたみたいで聴き損ねましたわ。最後に聴いたのはかなり前ですわ〜残念。

Blues Night はいつものように ohashi からって事で・・。最近は自転車にうつつを抜かしているので新しい曲を仕込んでおりません。TOKU さんに Harp を入れてもらいながら何時もの曲をまったりと唄いました。Harp が入るとエエ感じですなぁ。

飛び入りの日という事もあって自分的には練習日という感じなのですが、本番では気合が入っているのか?と言われるとあまり変わりはないかもしれません。申し訳ない。



今回初めてお会いした渡辺さんです。 Bluez な雰囲気がとても良い感じの方でね。ギターも上手いしオリジナルの曲も Good ですわ。やはり滲み出てくる方は違います。Blues ってものは演る者の深さやとつくづく思います。



AKAGI 氏の知り合いのトランペッターが遊びに来てくれました。彼女はイタリア在住の楽団員らしいです。お若いのに素晴らしいですなぁ。何曲かお披露目して頂いた後はセッションタイムとなりました。



最初は聴いていたけど混ざって遊ばないと面白くないので空いてるドラムへ・・・。と、言ってもまともに叩ける訳ではないのでハイハットとスネアでリズムを刻むだけですわ。それもブラシで・・。(笑)

 

少し慣れてきたのでオカズを入れてみるけど難しいですね〜廻せないしリズムが無茶苦茶になります。この歳から練習しても叩けるようになるのでしょうかねぇ〜。ギターもまともに弾けないのにドラムまで手を伸ばしたらどちらも中途半端に終わりそうなので止めとこ。

ってな感じで、いつもと違う HIDEAWAY でございました。 楽しい〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Keb' Mo'

  1. 00:31:11
最近ちょこちょこ聴いてる 「Keb' Mo'」 でございます。

本名は 「Kevin Moore」 だそうですわ。 古いブルースは結構良い感じでカッコ良いのですが、今頃はしてないのでしょうか? まぁ、これから色々と聴いてみます。




さてさて、今日は HIDEAWAY にて 「Acoustic Blues Night !」 でございます。

2012年2月21日(火) 神辺 「HIDEAWAY」にて

Charge:¥1000 with 1drink 20:00〜


最近 アコースティック・ブルース な奴が増殖中!

おもろい事になってます〜。是非お越しくださいませ。


・ お問い合わせ
〒720-2117 広島県福山市神辺町下御領1383-4
TEL:084-965-0410 FAX:084-966-2290

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved