Bluesやねん!

 
 

「Feelin' Good」

  1. 00:37:52
Jessie Mae Hemphill − Feelin' Good



1997 - Import
Hightone Records

1. Feelin' Good
2. Go Back To Your Used To Be
3. Streamline Train
4. Baby, Please Don't Go
5. Tell Me You Love Me
6. Shake It, Baby
7. Shame On You
8. My Daddy's Blues
9. Brokenhearted Blues
10. Rolling And Tumbling
11. Eagle Bird
12. Cowgirl Blues
13. Merry Christmas, Pretty Baby
14. Lord, Help The Poor And Needy


何故か Amazon に在庫が1枚だけあったのでおもわずポチってしまった・・・。 もしかしたらワザと1枚だけ出しておく Amazon の常套手段かもしれないと思ったりもする。 ちなみに ”在庫1枚” を見て3回は買ってるぞ〜!

ワンコード・ブギは展開が無いから物足りなく感じるらしいのですが、これにハマると堪らんブルースの世界に突入出来ますなぁ。 痺れますわ。 これを突き詰めていくとワン・ストリングになるような気がします、と言うかそれが基本かもしれんけどねぇ。

前回購入した 「Get Right Blues」(2004) と比べると声が若いわ〜と思ったが、「Feelin' Good」(1997)は72歳の時のアルバム・・・。 俺などまだピチピチの若造ですわ。(笑)



Jessie Mae Hemphill については ↓ にも掲載しております。

http://bluesman.dtiblog.com/blog-entry-619.html


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

「Pat Thomas」

  1. 01:20:37
やはり YouTube 様々である。今宵も検索していると最後の Delta Bluesman 「James "Son" Thomas」 の動画が増えてました。 ほんまに素晴らしい世の中でございますなぁ。 「James "Son" Thomas」 最高やわ〜! などと動画を見ていると横の方に 「Pat Thomas」 の名前が・・・。



以前も少しだけ紹介しましたが 「James "Son" Thomas」 の息子でございます。こちらも何時の間にか動画が増えてましたわ。 YouTube 様ありがとうございます。 脱力系ブルースと呼ばれておりましたが、以前にも増して自由度がUPしたのか楽しそうです。(笑)

Mississippi Leland の ”Highway 61 Blues Museum” に在駐してるのかよく分りませんが、 ブルース博物館内にある 「James "Son" Thomas」 ブースで演奏しているようですね。 肩書きはブルースミュージシャンと民俗芸術家らしいです。

父親と対照的に何処か間の抜けた歌い方だったりしますが、端々に 「James "Son" Thomas」 が出てくるのは致し方ない事やと思いますな。 この動画のコメントには 「ハイウェイ61ブルース博物館で "61号線"を歌っている」 とあります。(笑) 一度会ってみたいなぁ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

STOMP し過ぎて足がダルい・・

  1. 00:11:10
ノリの良い曲が少ないのでそれ程踏み込む必要は無いのでありますが、先日 「Stomp Box」 なる物を制作した事もあり意識的に ”Stomp” するように心がけている此の頃であります。



以前から ”Stomp” はしてましたが特に決めて踏んでいる訳ではなく、右足だったり左足だったり両足だったり踵だったり爪先だったりと無意識に行っていたのでございます。 箱を使うとなると決めた足でそれなりの音がする所を踏まなければならない訳で、これはこれで練習が必要となるわけですな。

リズムを刻むのであれば踵を付けて爪先だけで踏めば十分ではありますが、ビートの効いた曲を演る場合は踏み込む足にも力が入り足を上げて踵で床を蹴ってしまうのでございます。 まぁ、それ自体は問題無いのですが、最近 Deep South から少し北上しようとノリの良い曲を練習してたりして、練習中は ”Stomp” し続ける羽目に。

気が付くと足がダルくなっているという話でございました・・・。 (なんじゃそりゃ)


「Stomp Box」 追加記事

エアー感を出そうと側面に取り付けていたマイク(スピーカーを流用)の位置では音が籠り過ぎました。 この打開策として箱の中に消音材を入れてみた所、木魚のような音になってしまいこれまた失敗。



って事で今回は天板の裏に直接取り付けました。先日のライブで使ってみたら悪くはないようですわ。 (基本位置と言う話もあるが・・) 暫く使ってみてまた報告致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved