Bluesやねん!

 
 

Live報告「Blues伝道Project 第10弾!」

  1. 00:18:19
2013年2月23日 神辺「HIDEAWAY」にて

Country Blues が演りたくて始めたライブでありますが、まさか10回も続くとは思ってもみませんでした。 なんせ、集客出来ませんから店の方としても儲からない訳で、ほんまにご厚意だけで演らせて頂いてるのでございます。 この場をお借りしてお世話になっているライブハウス様に御礼申し上げます。 ありがとうございます。



回を重ねていると少しづつですが興味を持ってくれる方も増えてまいりまして、最近では出演規制しなければならない感じになってきております。 以前に 「ブルース飛び入りライブ」 という企画などありましたが、その時は演りに来る方も殆どいなくて何度か開催しましたが結局終息してしまった苦い経験がございます。

この事からも 「ほんまに Country Blues 好きですねん!」 という方がどれ程居られるか疑問を感じながらも、ぼちぼちと演って行かなければほんまに好きになる人も現れないとも思っております。 と言うことで、記念すべきかどうかはわからへんけど10回目は福山のブルースの聖地、神辺 「HIDEAWAY」 で開催されたのでございます。



今回は何と!8名が名乗りを上げましたが時間的に無理なので飛び入り形式で一人3曲で回す事に致しました。 時間が余ればもう1周しても良いし、セッション突入しても構いませんが取敢えずは全員演れる方式でございます。 演る方としては物足りないと思いますが聴く方としてはスタイルが色々と変化していくので飽きずに聴けるというメリットもあります。(ほんまかいな)



内容と致しましては好きで集まってる方々なので面白くない訳が無い!流石に3曲で交代するのは演る方としては寂しい限りですが、直ぐ終わるので逆に盛り上がったりしますな。(笑) 最後はマスターのTOKUさんも出演!弾き語って頂きましたがな。 その後は当然セッション大会突入で第10弾も無事終了する事が出来ました。 ほんまにありがとうございました〜。


今後の 「Blues伝道Project」 予定

第11弾 3月9日(土) 三原「はるのんCafe」
第12弾 4月13日(土) 府中「always」
第13弾 4月27日(土) 神辺「HIDEAWAY」

毎回メンバーが変化して内容も変わるので面白いと思います。
お近くの方は是非お越しくださいませ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

「リゾネーター Pickup 製作 その1」

  1. 00:42:48
そもそも、アコースティック・ギターの音量が小さいので、その音量を増大させるために考案されたのが ”リゾネーター(共鳴板)” という円形の薄いアルミニウムを仕込んだギターであります。

リゾネーター・ギターのアイディアを最初に考案したのは1920年代の事で、ロスアンゼルスのハワイアン・ギター奏者であったジョージ・ビーチャム(George Beauchamp)という人でした。 その後 「ナショナル」社となっていくわけですが長くなるので割愛します・・。



一世を風靡するかと思われたリゾネーター・ギターでしたが、その後直ぐに電気による増幅という波が押し寄せ太刀打ちなど出来るわけがなく普及しなかったギターでもありますな。

しかしながら、共鳴板の独得の響きはハワイアンやブルースなどのスライドギターを好むミュージシャンが多く使用し、なんとも言えない趣のある音はこのギターでしか出す事が出来ません。

って事で、音量を稼ぐために作られた楽器ではありますが、電気増幅された音には叶わない訳で、やはり増幅出来た方が今の時代は使い勝手が宜しいようでございます。




アコースティック・ギター同様マイクで拾うのが生音に近いと思いますが、それじゃ折角の実験用 「Republic Guitars」 の意味がありませんので電気化してみたいと思います。 生音もいまいちなので電気的に弄って雰囲気のある音になればしめたものですな。 (笑)

リゾネーターを所有する以前から気にして情報を収集していたのでありますが、まだまだ未開発の分野ようですね。ピックアップメーカーとしても ”FISHMAN” から専用で販売されておりますがどうしても電気的な音になるようで良い評価は聞きません。



まあ、当然と言えば当然ですが、リゾネーター・ギターの需要が少ない → ピックアップの需要が少ない → メーカーがピックアップを作らない → 良いモノが出来てこない → じゃぁ、自分で作るしかない。という理論が成り立つのであります。 (ほんまかいな)

試しに市販されている良さそうなピックアップやらシステムを組み込もうとすると、どう考えても結構な値段になるようで、実験ギターの値段より高くなる可能性も無きにしも非ずなのでございますな。 遊びの値段を越してしまいます〜。

最近はピエゾやピックアップシステムを自作する方も増えてきてるので検索するとアレコレ出てきます。電子の知識がない私でもインターネットという全能の神の力を借りれば自作出来るような気がしてきますが・・。

こちらも試算してみると2・3千円あればシステムが組めるみたいなので駄目元でピックアックとアンプを自作してみる事にします。 半分遊びってのもあるし色々と試してみないとリゾネーターのピックアップってのがどのようなモノが良いのか分らないので何事も実験ですわ。



考え方としてはアコースティック・ギターと同じで、ピエゾもしくはマグネットで音の輪郭をだしてエアー感をマイクで拾ってブレンドすれば良いようですが、一番の問題はボディ内に仕込むと調整不可能となる事ですな。

アコースティック・ギターはホールがあって後からでも手が入りますが、リゾネーターの場合は蓋をしたら少し調整するにもまた弦を外して蓋を開けなければならない訳で、プリアンプなども内部に入れたら調整・電池交換がとても面倒になるという課題をクリアーしなければならないのでございます。

いやいや、これは面白いですね〜。 楽しんで作らないとあきません。 って事で、どの様なシステムにするか考察しつつ材料を収集、製作して行こうと思います。


続く・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

告 「Blues 伝道 Project 第10弾!」

  1. 00:38:32
「Blues 伝道 Project 第10弾!」




2013年2月23日(土) 神辺 「HIDEAWAY」 にて

Charge : ¥1500 with 1drink  開演:20:00〜

出演:Tany ・ Yamamuro ・ Yoco ・ Airi ・ Toshy ・ ohashi ・ 他


ブルースという音楽を広げるため、日頃ブルースに縁が無い
ライブハウスにお邪魔するという迷惑な企画でございます。

何だかんだと言ってるうちに10回目を迎えてしまいましたが、益々
面白くなってきております。

片意地張らずに気軽に聴けるブルースなので呑みながら楽しく聴けますよ〜。

お近くの方は是非お越しくださいませ。



■ お問い合わせ
〒720-2117 広島県福山市神辺町下御領1383-4
TEL:084-965-0410 FAX:084-966-2290

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved