Bluesやねん!

 
 

「Jessie Mae Hemphil」 その4

  1. 00:19:58
1962年から1980年までアメリカの音楽の歴史家、作家、レコードプロデューサー、写真家である 「ジョージ・ミッチェル」 によって録音された南部カントリーブルース、フィールド・レコーディング・シリーズの中の一枚でございます。



Jessie Mae Hemphil- The George Mitchell Collection (Vinyl LP)

Side a: Home Going、I Want To Be Ready
Side b: interview

1967年に録音はしたがリリースされなかったってやつですわ。 Jessie Mae が44歳の時なのでこれが残っている一番古い記録だと思います。

「アラン・ローマックス」 氏と同じように民俗音楽の研究と収集をしてくれたおかげで、この様な貴重な録音を聴く事が出来るのでありますな。 ありがたい事です。

『The George Mitchell Collection』 として南部カントリーブルース、フィールド・レコーディング・シリーズのCD45枚BOX SETなるものが販売されておりまして、これは是非とも入手せなあかんと思っております。

泥臭いブルースを追及しているわけでは無いけど、マイナー過ぎて誰やねんそれ?的なブルースマンばかりなので話の合う人が居なくなってきておりますわ・・。(´Д`)


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Live報告 「因島 S・F・J」

  1. 00:14:29
2013年5月26日 尾道市因島 「大浜公園 アメニティ交流棟」 にて

天気にも恵まれ最高の野外コンサート日和となりました。




毎年春と秋に開催しておりますが今年で何と!10年目を迎えたという事ですわ。 素晴らしいですね〜。 なんやかんやと言っても10年続ければ運営してますがな〜と自慢できると思いますよ。




って事で、今回は大々的に宣伝したようで、新聞にも掲載、取材も来てたのかな?今までに無い程お客さんが来られてました。 しまなみ海道をサイクリングしていた方も因島大橋を渡り下った公園なので休憩がてら聴いていたようです。




お馴染みの方々、久しぶりに来られた方々、初めて参加の方々と、毎回顔ぶれが変わる楽しいコンサートでありますが、今回は岡山方面から3組、広島方面から1組が新たに参加されまして素晴らしい演奏を聴かせてくれました。




心地よい音楽聴きながら朝からビール飲んで、BBQしてくれたのを食べて何やかんや音楽の話して最高の一日でございます。



次回は秋に開催されますので是非お立ち寄りくださいませ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

告 「因島シーサイド・フォーク・ジャンボリー」

  1. 00:34:53
「因島 シーサイド・フォーク・ジャンボリー (S・F・J)」



2013年5月26日(日) 尾道市因島 「大浜公園 アメニティ交流棟」 にて

Charge : Free  09:30頃〜夕方  出演者:現在20組がエントリー

毎年春秋に開催される野外でのコンサートでございます。音楽聴きながら
ビール飲んだりバーベキューしたりお弁当食べたりと、のんびりと休日を
過ごせます。



因島大橋を降りた所にある公園なのでサイクリングの休憩がてら聴くのも
良し、ドライブがてら行ってみるってのも良いと思いますよ〜。

是非お越しくださいませ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved