Bluesやねん!

 
 

久しぶりに観た 「勘違いバンド」

  1. 00:33:39
少し前の話になりますが、アマチュア音楽フェスを聴きに行った時 「俺達イケてるバンドだぜ〜!」 的な臭いをプンプン発散しまくってるバンドが出演したのである。

セッティング時も 「俺様!」 オーラ出まくってまして、ホーン入り〜のドラムが若い女の子、キーボードにお姉さん、コーラスにお姉さん、ベースのお兄さん、ギター&ボーカルの歳の頃は50位か?のリーダーという編成でございました。


※写真はイメージです。

セッティングも終わり、さぁこれから演るって時にリーダーが 「俺達のバンドの事知ってる人?」 なんて客席に訊いたのでありますが、手を挙げたのは3人くらいでしたわ・・・。 通常そんな事する時はサクラ入れとくのが勘違いバンドの常套手段であり基本でもあるがそんな事も出来ないとはあきませんな〜。

「このバンドは15年位活動していてレイ・チャールズとかスティービー・ワンダーとか演ってます」 みたいな事も言ってたな。 とはいえ、実力があれば "勘違い" でもないし "俺様" でも当然と納得出来るのである。 

俺自身バンドで活動してないので出会う機会も無いわけだが、中学・高校生の頃はバンドブームで勘違いしてるようなバンドが沢山居りました。 まぁ、勘違いってのは音楽演るうえで重要な要素だとは思っておりますが、度が過ぎると殆ど犯罪でございます。 今の時代、そのようなハッタリを噛ます必要も無いと思いますが、そのような時代の方なのでしょうなぁ。

"それなり" の期待はしていましたが、当然バンドのリズムはガタガタやし、リーダーは歌詞見て歌ってるし、音程ずれてるし、ギターのコードチェンジの度指板見るし、どこがレイ・チャールズやねん!! 最初は微笑ましく聴いておりましたが段々腹が立って来たのは言うまでもありません。

最近の高校生の方がまだ上手いぞ!! と思うのであるが、人の振り見て我が振り直せということわざがあるように、俺も勘違いしないようにと心に誓うのでありました。 

それにしても久しぶりに観ましたわ〜。 (@_@;)



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Live報告 「Blues伝道Project 第17弾!」

  1. 00:10:47
2013年7月21日 府中 「always」 にて

ぼちぼち続けている伝道活動でございますが、少しづつ定着してきている感がありますね。 ブルースという音楽を少しでも聴いてもらいたいという思いで演っておりますが、従来のライブとは違う形を作りたくて試行錯誤していたりもします。

いつものようにと言うか、毎回前座を勤めている 「ohashi」 でございます。 皆さんトップバッターで演りたがらないってのもありますし、伝道ライブの御挨拶を兼ねまして演らせて頂いております。


Photo by くにお

今回は初めて参加の和田君の為に "Robert Johnson" の曲、そして以前からリクエストを頂いていたお客さんのために "原口純子" さんの曲、最近研究中の "Muddy Waters" の曲など演らせて頂きました。


Photo by くにお

「Yoco」 さんです。 腱鞘炎と肩の筋を痛め戦線離脱してましたが、若かりし頃に購入した Fender Japan のストラトを引っ提げて帰ってきました。 私は詳しくないので分かりませんが、現在プレミアが付くようなモデルだそうです。 ヴィンテージのようなのでYocoさんの年齢は結構・・って事かな。(笑) 肩の調子はまだ良くないのでリハビリ兼ねての出演でしたがやはり上手いですわ〜。 完全復帰楽しみに待ってますよ〜。





今回初参戦の「Pochi」さんです。 以前、一緒にライブをさせて頂いたりしておりましたが、ブルース系ではないので最近はお会いする事も少なくなっておりました。 これを機会に是非ともブルーズな世界へと迷い込んで頂きたいと思っております。 オリジナル曲は結構ブルージィでございます。




Photo by くにお

他のお店で "Robert Johnson" を弾いていたのを聴いて即ナンパした 「和田」 くんです。 仲間に引きずり込もうと画策中ですわ。 取敢えず演ってもらいました。 今後の活躍を期待しております。





フル出場の 「友滝ひこ&ちあき」 でございます。 夫婦漫才までもう少しって感じでしょうか? ちあきさんが突っ込んでくれたら最高やねんけどなぁ〜。 新しいオリジナル曲も御披露して益々エエ感じのお二人でございました。




Photo by くにお

「ミニドランカーズ」 です。 今回ベースを入れて練習してたのに急に来れなくなったそうです。 これまた急きょ助っ人プロギタリストに入ってもらい3名での出演となりました。 オリジナル曲オンリーなので合わすのは難しそうですね〜。 ハープに竹内さんも乱入!次回を期待しておりますよ。





お客で来ていた 「くわっぴー」 ですが急きょ出演! "Mississippi Blues" はなかなかのモノですわ。 以前聴いた時より更に上手くなってましたね〜。 刺激になります。





「竹内」 さんです。 以前も紹介しましたが "第32回 F.I.H.ハーモニカコンテスト" に出場しております。 ハープを2個吹きするテクニックを披露してくれました。 曲は " ミケランジェロ" だそうです。 素晴らしい〜!




Photo by くにお

今回の最後は 「山室&中籐」 コンビです。 レギュラーと言って良い程出演されておりますなぁ。 なかなか激しい感じなので中籐さんがギターで付いて行くのが大変そうです。(笑) 何時も楽しそうに演られるので聴いている方も楽しくなりますよん。



伝道ライブも回を重ねる毎に変化していくのも面白かったりしますし、同じ意識の仲間が少しづつ増えてくるのも面白いですわ。 この先どの様になるのか分かりませんが続けることが大事って事でしょうかね〜。

最近感じた事は土曜日より日曜日の方がお客さんの入りが良いようです。 思ったより沢山の方が来てくれて盛り上がる伝道ライブなのでございます。


今後の 「Blues 伝道 Project」 予定

8月11日(日) 神辺 「HIDEAWAY」 18th 
ひこ&ちあき ・ JAR赤松 ・ 山室ファミリー ・ Yoco ・ ohashi

9月21日(土) 三原 「はるのんCafe」 19th
ひこ&ちあき ・ 山室&中籐 ・ ohashi

10月12日(土) 尾道 「OYE COMO VA」 20th
ひこ&ちあき ・ JAR赤松 ・ Yoco ・ 和田 ・ AiRi ・ ohashi

11月2日(土) 府中 「always」 21th
ひこ&ちあき ・ ミニドランカーズ ・ ohashi ・ 未定


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

Live報告 「暑中お見舞い Live!」

  1. 00:11:53
2013年7月19日 三原 「はるのんCafe」 にて

今年も演ります! って事で7月生まれが集まって誕生日会なのかライブなのかわからへんライブも今年で4回目でございます。 日取りが悪くていつものメンバーが一人出演出来ませんでしたが温いライブなのであまり気にもしていないって話もありますな。



猛暑が続いてるので揃ったところでビールで乾杯! 気持ち良く飲んで幸せいっぱいでライブはもうどうでもよくなってたりします・・。

三原の歌姫 「SATO」 さんと、心洗われる歌声の 「のぶねこ」 さん は先日発売された三原を歌ったCD 「みはらミュージックトレジャー アコースティック・ベスト」 http://www.mihara-music-market.com/mmt.html にレコーディングされてまして、そのようなメンバーの中でブルース歌う俺ってどないやねん? と一応は思いますが気にはしてません〜。

って事で、演る順番はジャンケンで決めます。 何番目でも良いのですが結局は最後になりまして、ジャンケンする意味が良く分らなかったりしますが誕生日会と言う事で色々と盛り上げなあきませんな。 (笑)



「のぶねこ」 さんです。 コアな所を責めてくるので誰も知らない方の曲など演るので面白いですね〜。フォークソング大好きお姉さんですわ。





「SATO」 さんです。 大抵はギタリスト付きで演るのですが、このライブ ”だけは” 自分で弾くと決めているそうです。 なので胃が痛くなる〜と申しておりました。





「ohashi」 です。 今回は日本語オンリーで演らせて頂きました。何時もは演らない歌謡曲なども入れてみましたよ。



ライブ後はケーキじゃなくて 『たいやきにローソク』 ってのが出てきました・・・。 お客さんも少なくアットホームなライブでございました。俺としては何時もそんな感じなので珍しくもありませんが、「ゆる〜いライブ」 だったと言われてしましましたわ。

来年も当然 「ゆる〜いライブ」 目指して演ろうと思ってま〜す。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved