Bluesやねん!

 
 

Key To The Highway

  1. 23:58:20
この曲好きやね。って、レパートリーに入ってるちゅーねん!

様々なミュージシャンが唄ってるけど、
俺は Big Bill Bloonzy の Key To The Highway が好きやね。

まぁ、唄ってるのはJazz GillumでBig BillはGuitarやねんけど・・・。
作者もBig Billじゃないらしい?



「俺はここから出て行くぜ〜」って感じやろか?
8小節Bluesの定番やね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

今日も生きてますわ。

  1. 23:36:45
Bike乗って色々して来たけど、死ぬ目に遭ったのは1度や2度
じゃないねんな。
最近はレースとかもご無沙汰やけど通勤で毎日乗ってるんよね。

トロトロ走ればどう言う事も無いんやけど、やっぱシャキシャキ
走らなBikeじゃないやろ!って、ことで走るから覚悟はしてますわ。



Bikeは良いです。自由がありますわ。けど、熱い寒い直ですねん。
耐えれる人しか乗れません。春・夏・秋・冬乗る人がBike乗りです。
季節の良い時しか乗らない人はBike好きですな。

Bikeは危ないです。死にます。周りで死んで行くのを見ると再認識します。
自分は大丈夫などと思ってはあきません。「何時死んでもかまへん」と
腹を括って乗ってほしいですわ。(Bike乗りは)

仕事も結構危ないもんですねん。やっぱり死亡災害ってなもんがありますわ。
職種的にも「下手すりゃ死ぬ」ってのがあるんで危険意識は常にありますなぁ。

まぁ、ぐずぐず書いたけど、仕事から帰ってきて煙草吸いながら
「今日も生きとるわ・・。」としみじみ思う訳やね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
 
 

FG-200F 弦高調整したりする。

  1. 21:15:35
もともと弦高は高めなんやけど、やはり弾きづらいのである。
ネックもちょこっと順反り気味やし弾きやすくせな・・・。



● トラスロッド
ん〜 YAMAHA の昔の Guitar はマイナス(−)なんよなぁ。
舐めてもうたらどうにもならんで〜。
締めシロがあまり無いようやけど無理やり締めてどうにか調整。

● サドル
サドルがかなり高いので削れば大分低くなるやろって事で削る。
牛骨やからシコシコ削る。硬いなぁ〜。
それにしてもサドルが長い!85mm あるぞ!
この長さは音に影響があるのかもしれないがよう解らん。

● ブリッジピン穴
これは弦の出るところを削って弦が出やすくするんやね。
ブリッジピンを無理に入れてるとブリッジが割れたりしますねん。



● ブリッジピン交換
合板なので音が軽い! よう鳴るんやけど・・・。
まぁ、テストも兼ねて真鍮のピンにしてみました。




ナットを牛骨に交換しようと思ったけど、サドルをシコシコして
やる気がダウン。次回にしよう〜。

弦高が下がって弾きやすくなりましたわ。
真鍮のブリッジピンは音の軽さが減少してます。
単板まではいかないけどかなり良いですわ。(^_^)v

メインの Guitar へちょっと近づいたかも〜〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

 
 
前のページへ
前のページへ
ホームへ
ホーム
次のページへ
次のページへ

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved